モンテカルロ法

 

使用できる配当額:3倍(2倍)

使用できる主なゲーム:ルーレット(ブラックジャック、バカラ等)

 

モンテカルロ法とは

 

モナコ公国モンテカルロのカジノを潰した必勝法と噂されるのがモンテカルロ法です。あくまでも噂のため、真偽は確かではありません。噂に惑わされないようにしましょう。

攻略法を紹介するページで攻略法をいきなり疑ってしまいましたが、だからと言ってモンテカルロ法がまったく役に立たないベット方法というわけではありません。

資金管理の視点から非常に優れたベット方法といえるでしょう。

火のないところに煙はたたないとよく言いますが、それほど優秀な攻略法ということではないでしょうか。

 

モンテカルロ法のポイント

 

わかりにくいベット方法である為、先にポイントをまとめます。なんとなくポイントを理解したら読み進めてみてください。

配当3倍のゲームに使用可能

・数式の使用

・使用単位の設定

・数式は「設定した単位・設定した単位×2・設定した単位×3」

・ベット額は数式の端+端

・勝った場合は、数式の端と端を2個づつ消す

※2倍のゲームで実践の場合は1個づつ消す

・負けた場合はベットした額(数式の端+端)を数式の一番右に追加

・最終的に数式を全部消すか、1つだけにしたら1セット終了

 

モンテカルロ法の実践方法

 

モンテカルロ法はマーチンゲール法やパーレー法とは違い、複雑な数式を使用します。複雑といってもメモ用紙を用意すれば簡単に実践できますので、心配無用です。

ルーレットのダズンベット(ルーレットのルール参照)などが配当3倍のゲームです。

※2倍のゲーム実践する場合は、勝ったときに数式の端と端を1個づつ消してください

 

・モンテカルロ法フローチャート

モンテカルロ法フローチャート

クリックで拡大

 

まず初めに1単位をいくらにするか決定します。ここでは説明の為1mbtcとしますが、資金が潤沢にあり、効率的に増やしたい方は単位を増やしても問題ありません。

但し、マーチンゲール法ほどではありませんが、テーブルのベットリミットには十分注意してください。

 

単位を決めたら、メモに以下のように記載しましょう。

 

1,2,3

 

モンテカルロ法ではこの数式に従ってベットしていきます。上記は、1単位1mbtcの数式ですので、例えば1単位2mbtcとしたら以下のようになります。

 

2,4,6

 

最初に書く数式は必ず「設定した単位・設定した単位×2・設定した単位×3」としてください。

間違えやすいですが、単位を2mbtcとした場合に「2,3,4」としてしまうと1セット終了時にに収支が+となりません。

 

単位を3mbtcとした場合は以下です。

 

3,6,9

 

数式をメモしたらベットを開始していきます。

 

1,2,3

 

最初にベットするのは数式の端と端、1と3を足した4mbtcです。

ここで勝った場合、両端の数字を2個づつ消してください。消せる数字が3個しか存在しませんね。すべて消したため1セット終了となります。

 

負けた場合は数式の一番右に、今負けた額を追加してください。

以下のようになります。

 

1,2,3,4

 

次にベットするのは同じく数式の端と端を足した5mbtcとなります。

ここで勝った場合は両端の数字を2個づつ、つまり「1,2」と「3,4」を消去します。ここでも消した後、数字が残りませんのでこれで1セット終了となります。

 

負けた場合は、同じように数式の一番端に1+4=5を追加して下さい。

 

1,2,3,4,5

 

次に1+5=6mbtcをベットします。

勝った場合、端と端を2個づつ消すので、数字が残り1個となります。

この場合も端と端を足すことが出来ませんので1セット終了です。

 

負けた場合、数式は以下になります。

 

1,2,3,4,5,6

 

勝った場合は「1,2」「5,6」を消します。

 

数字はまだ残っていますので、次は3+4=7mbtcをベットします。

勝った場合は終了。負けた場合は以下となります。

 

3,4,7

 

この後は上述の手順同様、3+7=10mbtcをベットします。

 

このように、負けた場合は負けた額を一番右に付け加え、勝った場合は数式の端と端を2個づつ消していくことで、最終的に数式をすべて消去するか、1つに出来れば1セット終了となり、利益が出る仕組みとなっています。

 

配当2倍のゲームでの実践方法

 

モンテカルロ法はブラックジャックやバカラなどの、配当2倍のゲームでも実践できることを前述しました。

3倍配当のゲームと違う点は、勝ったときの数式の端と端を1個づつ消す点です。

 

2倍配当のゲームで実践する場合は、最終的に利益が出た状態で終われない可能性がある点に注意してください。

とはいえ、頻繁に起こることではありませんし、大幅にマイナスに転じることはありませんので、そこまで気にしなくても良いレベルです。

また、配当が2倍ということは勝率が50%ということなので、3倍配当のゲームと比べると、連敗が続いた場合の投資金額が膨らみません。

 

使用できるゲームがルーレットのみではなく、ブラックジャックやバカラなどのゲームも含めることができるのも嬉しいポイントですね。

 

モンテカルロ法のメリット

 

メリットはマーチンゲール法よりリスクを格段に下げ、確実に資金を増やしていけることです。

マーチンゲール法は負けた額を1回のベットで取り戻すことから、リスクが比較的大きく、ベットリミットや資金の上限に到達しやすいといえます。

ですが、モンテカルロ法は負けた額を少しづつ取り戻していくことから、ベット額が大きくなりにくく、その為、ベットリミットに到達してしまう可能性も低いため、リスクが小さいと言えます。

配当2倍のマーチンゲール法と3倍に適用するモンテカルロ法である為、単純比較できませんが、参考までにモンテカルロ法とマーチンゲール法で連敗した場合を比較しました。

 

マーチンゲール法とモンテカルロ法の比較ベット単位:1

クリックで拡大

 

モンテカルロ法のデメリット

 

上述のモンテカルロ法のメリットで、リスクが低い点を挙げましたが、あまりにも連敗が続いたり、うまく数式を消せずに勝ち負けを繰り返してしまうと数式が長くなり、ベットが大きくなりがちです。

参考までに、上記表のように10連敗してしまった場合、数式は以下になります。

 

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13

 

こうなってしまうと、ベット額を抑えたまま数式を消すには確率以上に勝ち続けなければならなくなりますので注意しましょう。

モンテカルロ法でも、あまりにも大きな不運に出会ってしまった場合には素直に負けを認め、撤退したほうが賢明です。

撤退ポイントはご自身の資金と相談して決定してください。

 

モンテカルロ法(攻略法)実践のあれこれ

 

モンテカルロ法の実践は配当額が3倍(又は2倍)のゲームであれば問題ないため、ルーレット(2倍の場合はブラックジャックやバカラでも可)があれば問題ありません。

テーブルの選び方についてはいくつか注意点がありますので、下記の記事を参照下さい。

カジノ攻略法(必勝法)に最適なテーブルゲームとは

 

また、この記事をご覧になっている方で、オンラインカジノをプレイしている方も多いでしょう。

ですが、実はオンラインカジノよりもビットコインカジノのほうが攻略法(必勝法)に向いていることをご存知でしょうか?

以下の記事で検証していますので興味があればご覧ください。

オンラインカジノVSビットコインカジノ比較

 

単純におすすめのビットコインカジノが知りたいなら以下のカジノに登録するのがオススメです。

キャンペーンも頻繁に行い、テーブルゲームの種類も豊富です。

 

ビットカジノ

ビットカジノ公式サイト  ビットカジノ総合 レビュー・登録方法・使い方

 

こちらの記事もチェック
マーチンゲール法・グランマーチンゲール法...   使用できる配当額:2倍 使用できる主なゲーム:ルーレット,ブラックジャック,バカラ等   マーチンゲール法とは   マーチンゲール法とは、最初に1セットあたりに勝ちたい単位を決め、負ければその倍をベットしていく方法です。 この方法が...
パーレー法・グランパーレー法   使用できる配当額:2倍 使用できる主なゲーム:ルーレット,ブラックジャック,バカラ等   パーレー法とは   倍プッシュだ・・・!!で人気を博した某漫画主人公が多用する攻略法で、マーチンゲール法とは対極に位置するベッティング法です。 ...
ウィーナーズ投資法   使用できる配当額:2倍 使用できる主なゲーム:ルーレット,ブラックジャック,バカラ等   ウィーナーズ投資法とは   過去にオークションなどで高額で取引されていたこともある投資法です。 モンテカルロ法と非常に似ている投資法で、1セッ...
グッドマン法・バーネット法   使用できる配当額:2倍 使用できる主なゲーム:ルーレット,ブラックジャック,バカラ等   グッドマン法とは   1235法とも呼ばれており、その名の通り、1,2,3,5とベットしていく方法です。 比較的単純な方法で、リスクが非常に少...