カジノ攻略法とは

システムベットとは

 

カジノの攻略法は一般的に資金管理を行うためのシステムベットや、ゲームの勝率を上げるベーシックストラテジーのことを指します。ここではシステムベットについて解説します。

システムベットで有名なものではマーチンゲール法やモンテカルロ法などです。オンラインカジノを一度でも調べてみたことがある方は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

基本的には、ベット額を工夫し1セットを終えれば必ず利益が出ている状況を作り出すシステムに従いベットを行う方法を、システムベットといいます。

実はこういった攻略法は実際のカジノでは行えないものが多いのです。

なぜなら計算方法が複雑なものが多く、実際のカジノでは携帯電話等の端末やメモなどの使用が禁止されている場合が多いからです。

オンラインカジノではそういった攻略法が使用できることから、資金管理がしやすく、実際のカジノよりも有利に立ち回れることでしょう。

 

資金管理の考え方

 

オンラインカジノに限った話ではありませんが、自分でベット額を決定できるギャンブルでは資金管理がかなり重要になってきます。

なぜなら、資金には必ず底があるからです。資金が0になれば当然その後のベットは行えなくなります。その時点で勝利の確率は0%です。いかに資金を0にせず、勝利を狙い続けられるかがカギとなってきます。

攻略法にはこういった考え方で、なるべく資金を0にしない為の方法や、対極として、波に乗っているときに稼ぎまくるといった考え方の方法があります。

前者では前述のとおり、資金管理が必要なことは言うまでもないでしょう。他方、後者では資金管理など必要ないように思いますが、実はそうではありません。

波に乗っているときに稼ぎまくると言っても闇雲にベット額を引き上げるわけではなく、資金管理をしつつ引き上げていきます。

例えば、1/2の勝率のギャンブルで1単位づつベットし、資金が4単位から10単位に増えたとしましょう。
ここで波に乗っていると考えたAという人はいきなりベット額を5単位に変更しました。この場合二回連続で負け、資金が一気に底をついてしまう確率は25%となります。

同じ状況でBという人は2単位へ増やしました。この人がこの状況から5回連続で負け、一気に0単位になってしまう確率は約3%です。

さて、ここでこのBという人は波に乗っていると考えベット額を変更しましたが、ここで3回連続負けてしまい、資金が元の4単位に戻ったとしましょう。

この状況でベット単位を2単位で勝負すると連続で負けて0になる可能性は25%ですが、ベット額を1に戻したらどうでしょうか。連続で負けて資金が底をつく確率は約6%となります。

資金が無限にあれば何も考える必要はありませんが、そうでない人は、このように資金管理を適切に行い、なるべく資金が底をつかないように調整することが大事といえるでしょう。

 

リスクを把握しよう

 

攻略法は上述のような考えをもとに先人たちによって作り出されたベット法です。

負けるたびに倍額をベットし、一度の価勝ちで負け額を取り戻すマーチンゲール法や、勝ち負けによってベット額を変えるモンテカルロ法など、様々な種類の攻略法が存在します。

このような攻略法を実践することによって、カジノでの立ち回りが有利になることでしょう。

但し、攻略法を盲目に信じてベットし続けることはお勧めできません。マーチンゲール法が最も顕著ですが、思わぬ不運に遭遇した時にベット額がとんでもなく膨らむことになります。

自身の資金をしっかり把握し、マーチンゲール法なら「何回負けたら辞める」等のルールを設けましょう。

中には攻略法を組み合わせたりして独自の攻略法を編み出しているかたもいます。カジノで有利に立ち回るため、自分に合った攻略法を見つけてください。