グッドマン法・バーネット法

 

使用できる配当額:2倍
使用できる主なゲーム:ルーレット,ブラックジャック,バカラ等

 

グッドマン法とは

 

1235法とも呼ばれており、その名の通り、1,2,3,5とベットしていく方法です。

比較的単純な方法で、リスクが非常に少なく、ディフェンス型のベット方法といえます。

負けが続いているときはベット額を少なく保ち、勝っているときはベット額を増やすといった、パーレー法のようなスタイルになります。

スタイルは同じですが、ある程度掛け金を留保するため、パーレー法のように、せっかく勝ち続けても一度の負けで勝ち金をすべて失ってしまうことはありません。

 

グッドマン法の実践方法

 

その別名の通り、最初に1をベットします。

グッドマン法は勝った場合にのみ1→2→3→5と右に進むことができ、負けてしまった場合は1に戻ります。
もし4連勝した場合は負けるまで5をベットし続けます。

・・・これですべて説明しました。

かなり単純な方法だとわかって頂けたと思います。

これで終わりだとつまらないので、実際にベットした場合の損益を計算してみましょう。

 

図1

 

1ゲーム目・2ゲーム目の何れかで負けない限り、どこで負けても損失が出ないことが理解して頂けたと思います。

逆に言えば、1ゲーム目・2ゲーム目で負けるような展開を繰り返してしまうと、なかなか利益が出ませんが、損失も少なく抑えることができます。

 

グッドマン法のメリット

 

上述したように、グッドマン法ではリスクをかなり小さく抑えることができる為、余程運が悪い人が、忠実なハチ公のように資金が返ってくるのを信じ続けない限り、大きな負けはないと言えます。

さらには、勝った時にのみベットを増やす方法である為、連敗時の損失を最小限にできることは大きな利点でしょう。

グッドマン法では例え勝率が低くても利益がでる見込みがあります。

 

図4

 

上記は最初に4連勝し、後に6連敗してしまった場合です。負け越していても利益は出ていますね。

ディフェンス型のベット方法である為、ほかのベット方法で調子が出ないときに、流れを読むため一時的に避難する場合や、ボーナス条件を確実に消化していく場合に有効でしょう。

 

グッドマン法のデメリット

 

生粋のギャンブラーには向きません。

なぜなら、連勝をある程度続けないと資金が増えていく速度があまりにも遅いためです。

実際に使用してみるとわかりますが、この方法で連勝をするくらいならパーレー法を使っていれば・・・となることが多々あります。

石橋をたたいて渡る方には最適の方法だと思いますが、そんな方はギャンブルやりませんよね?

 

バーネット法とは

 

今回は物足りなさが否めないためバーネット法も併せて紹介します。

バーネット法は別名1326法と呼ばれ、グッドマン法の兄弟ともいえるベット方法です。

グッドマン法よりもリスクが大きく危険なベット方法であるため、勇者のみこのまま読み進めてください。
覚悟してください。大勝を得るには相応のリスクを取る必要があります。

 

バーネット法の実践方法

 

1→3→2→6とベットします。

 

図2

 

バーネット法のメリット

 

グッドマン法に同じ

 

バーネット法のデメリット

 

グッドマン法に同じ

 

グッドマン法・バーネット法応用編

 

バーネット法があまりにもグッドマン法に似ていたため驚愕し、多少取り乱してしまいましたが、ここからは応用編となります。

グッドマン法・バーネット法はともに別名に従い規則的にベットしていく方法で、かなりディフェンス型のベット方法だと上述しました。

ではこのディフェンス性能を保ちつつ攻めに転じるにはどうしたらよいでしょうか。ディフェンス型を逆手に取り、リスクを増やしてみましょう。

 

図3

 

上記例は汚名返上するため、バーネット法を使用しています。

単純にベット単位を2倍にし、2,6,4,12としています。利益も単純に2倍となっているのが分かると思います。言うまでもありませんが、当然リスクも2倍になります。

バーネット法はグッドマン法よりリスクを取っているといっても雀の涙程度であり、正直、特にどちらを使用しても結果はそれほど変わらないと思いますが、もともとの数式を変化させることでその意味は出てきます。

例ではバーネット法を使っていますが、通常のバーネット法で満足できない場合はグッドマン法の2倍を、それで満足できない場合はバーネット法の2倍を、というふうに倍率を上げつつ、グッドマン法とバーネット法を交互に使っていけばリスクを段階的に引き上げることができます。

もちろんリスクを引き上げるということは、それだけ損失が出る場合があるということですが、基本的な考え方は変わらないため、ディフェンス性能を保ちつつ大きく勝負することができるようになります。

また、倍率を引き上げるという考え方を利用し、例えばマーチンゲール法の考え方を取り入れることができます。
まずは1倍のグッドマン法から始め、損失が出てしまったら2倍のグッドマン法を、さらに損失が出てしまったら4倍グッドマン法を、といった具合です。もし倍率が高いときに連勝を引ければ大きく利益がでます。

こういった組み合わせを考えるのもオンラインカジノの楽しみといえるでしょう。

以上が応用編になります。

このサイト自身の名誉を挽回するため、応用編はそれなりに頑張ったと自負していますが、如何でしたでしょうか。

応用編が良かったと思う方はその場で「いいね!」と言っていただけたら幸いです。

 

グッドマン法バーネット法を実践するには今すぐBitCasino.io

登録方法はコチラ