ウィーナーズ投資法

 

使用できる配当額:2倍
使用できる主なゲーム:ルーレット,ブラックジャック,バカラ等

 

ウィーナーズ投資法とは

 

過去にオークションなどで高額で取引されていたこともある投資法です。

モンテカルロ法と非常に似ている投資法で、1セット終了時に必ず資金が増える仕組みとなっています。

数式を使用するため敬遠されがちですが、マーチンゲール法同様、セット終了時に必ず資金が+になることを前提にしつつ、リスクを格段に減らした投資法ですので、非常に優秀なベット方法といえるでしょう。

 

ウィーナーズ投資法のポイント

 

こちらもモンテカルロ法同様、数式を使用しますので、先にポイントをまとめます。

・配当2倍のゲームに使用可能
・単位の設定
・最初に2連敗するまではベット額は設定した単位
・2連敗した後は数式の左端を2倍した額をベット
・勝った場合は、数式の左端を消す
・負けた場合はベットした額を数式の一番右に追加
・最終的に数式を全部消したら終了
・数式を消すには勝ち負けを同数にすることが必要

 

ウィーナーズ投資法の実践方法

 

まず初めにベット単位を設定します。ここではいつもと同様1mbtcとします。毎度くどいですが、効率よく稼ぎたい方は単位を大きくしてもかまいません。が、リスクは増えます。

次に設定した額をベットします。ここで勝った場合は1セット終了です。負けた場合はメモに以下のように記載してください。

次にもう一度同じ額をベットしてください。ウィーナーズ投資法では勝った場合は数式の左端を消し、負けた場合は数式の右端にベットした額を付け加えます。

モンテカルロ法同様、数式をすべて消したら1セット終了ですので、ここで勝った場合は上の数式の左端、すなわち1を消し1セット終了となります。

負けた場合は以下のようにメモに付け加えます。

1,1

ウィーナーズ投資法では、最初の2連敗はこのように行い、2連敗後はベット額が変わりますので注意してください。

ここからは数式の左端の数字を2倍してベットすることになります。この場合はすなわち1×2=2mbtcをベットします。

勝った場合は左端を消すルールですので、数式は以下になります。

負けた場合は右端にベット額を追加するルールなので、数式は以下になります。

1,1,2

数式の左端を2倍するルールである為、次のベット額も1×2=2mbtcですね。

では、ここから3連敗した後に2連勝すると数式はどうなるでしょうか。

2,2,2,2

答えは上記のようになります。次は数式の左端である2を2倍した額をベットします。
ここで負けた場合は以下です。

2,2,2,2,4

このように数式がなくなるまで繰り返しルールに従いベットします。

最終的に数式を全部消すには負けた数と同数勝つ必要があり、負けと勝ちが均衡した時に必ず利益が出る仕組みになっています。

上記例を数式がなくなるまで続けた結果を表にしましたので参考にしてください。

 

図1

 

ここで「勝ち負け同数になった時ではなく12回目のベットでもう利益が出ているではないか」と思った方、その通りです。

ウィーナーズ投資法ではこのように勝ち負けが同数にならなくても利益が出る場合があります。

これは状況によってなので、この時点で満足できる方や、リスクをなるべく取りたくない方はやめてしまっても構いません。

例ではもし12回目で辞めた場合は利益2mbtc、最後まで続けた場合は利益26mbtcとなっていますね。リスクをとるか1セットの利益をとるかといったところでしょうか。

 

ウィーナーズ投資法のメリット

 

メリットはリスクが比較的小さいことです。勝ち負けの比率1:1で必ず利益が出るような仕組みなっています。

さらには上述したように、勝ちが負けよりも少ないような状況でも利益が出る場合があります。その時点で終了する道を選択すれば、リスクはさらに小さくなります。

また、投資額が大きくなりにくく、先も予想しやすい仕組みである為、そのような状況に陥る前に撤退する選択をしやすくなるでしょう。

資金管理の視点ではかなり有効な投資法です。

 

ウィーナーズ投資法のデメリット

 

ここまでべた褒めですが、ウィーナーズ投資法にもデメリットはあります。

それは、勝ち負けを繰り返し、且つその数が同数にならない場合はベット額がかなり大きくなる可能性があることです。

下の表をご覧ください。

 

図2

 

最終的には累計投資額が単位の約200倍に到達しています。

セットの初期に勝ち負けを繰り返し数字が消せない場合、その後連敗した時のベット額が大きくなってしまいます。さらに19ゲーム目から3連敗してしまったことで数式が伸び、そこから再び勝ち負けを繰り返したことで、中々数式が消せず、ベット額が大きくなってしまっています。

どの投資法でもそうですが、負けを認めずに投資をし続けると最終的には1回のベット額が膨れ上がってしまうことに注意しましょう。

上記例では損益が-2の時に辞めておくのが得策ですが、それは結果論です。

実際にその状況に陥ると、損をして終わるより、利益を出して終わりたいという気持ちが強くなり、判断を見誤ってしまう場合があります。

状況判断をしっかりすることによりデメリットは潰せますが、ギャンブルではそれが最も難しいということを忘れないようにしましょう。

 

 

ウィーナーズ投資法を実践するには今すぐBitCasino.io

登録方法はコチラ