ブラックジャック

ディーラーとプレイヤーのカード合計を争うゲームです。

基本的には引いたカードの合計が21に近いほうの勝ちとなり、合計が相手より低いほう、もしくは21を超えてしまったほうは負けになります。
ディーラーは機械的にカードを引きますが、プレイヤーには行動選択の余地があります。

 

ブラックジャックのルール

 

使用カード

使用するカードは2~10の数字とJ~Aのアルファベットカードです。
Jokerは使用せず、各カードは下記のようにカウントします。

ー2~10ー

そのままの数字でカウント

 

ーJ~Aー

J Q K・・・すべて10としてカウント
A・・・1か11としてカウント

Aだけは特別であり、1か11を任意で選択できます。

 

<例>

手札・・・A、6

この場合、プレイヤーは7としてカウントするか、17としてカウントするかを選択できます。この場合、Hitを選択し例え10が来てもBustとならず、17とカウントされます。

 

ディーラーの行動

 

ディーラーはこちらのカードに関係なく、カードの合計値が16以下の場合には機械的にカードを引きます。
SplitやDouble Down、Surrender等のオプションはプレイヤー側だけの権利であり、ディーラーは行いません。
但し、プレイヤー全員がBlackjackだった場合で且つディーラーのUpcardがA,10,J,Q,K以外の場合、例えディーラーのカード合計が16以下であったとしてもディーラーは最初の2枚以外のカードを引きません。
※これはSurrenderではなく、単にディーラーの負けが確定するだけです。

 

ブラックジャック用語

 

Hit・・・カードを1枚引く。(Bustしてしまわない限り何回でも選択可能)

Stand・・・カードを引かず、その時点の手札で勝負する。

Double Down・・・ベット額を2倍にし、カードを1枚だけ引く。(そのあとは行動不可)

Split・・・引いた2枚のカードが同じ場合、それを分割しそれぞれで勝負する。
※条件は二枚カードの図柄が同じことです。Jと10やQとK等ではこのオプションを選択できません。

Bust・・・合計21を超えてしまうこと。
※プレイヤーは先に選択を迫られるため、例え後でディーラーがBustしたとしても、プレイヤーがBustした時点でプレイヤーの負けが確定します。

BlackJack・・・最初の2枚のカード合計が21となること。この場合賞金が1.5倍になる。

Push・・・引き分けとなること。

Insurance・・・ディーラーのUpcardがAの場合選択でき、掛け金の半額を支払うことでディーラーのBlackJackに対して保険を掛けること。その場合、1倍の配当が得られるため、プラスマイナス0となる。

Upcard・・・ディーラーの1枚目の手札のこと。行動選択時、プレイヤーはディーラーのUpcardだけを知ることができる。

Surrender・・・勝負をあきらめ掛け金の半額を返してもらう

 

勝敗

 

プレイヤーとディーラーのカード合計値が21に近いほうの勝ちとなります。

 

ブラックジャックの流れ

 

説明画像:Bitcoin Atlantic City Blackjack by BitCasino.io
1.ベット額を決定し、カードを引く

 

bj1_compressed

 

2.行動を選択する

 

bj2_compressed

 

ここではディーラーUpcardが2と比較的強いカードですが、プレイヤーが15とBustしやすい最悪な手札である為、Standを選択しました。
※このBlackjackではSurrenderが選択できますので、ディーラーのUpcardが10やAであった場合はSurrenderを選択するのが良いでしょう。

 

3.清算

 

bj3_compressed

 

今回はディーラーがBustして賞金が支払われました。ベット額5に対し賞金10となっているのがわかると思います。
オンラインカジノやビットコインカジノでは清算は一瞬で自動的に行われます。

 

Bitcoin Atlantic City Blackjackをプレイしたい方はBitCasino.ioへ

登録方法はコチラ