ビットコインウォレット

ビットコインを保有するにはウォレットを作成する必要があります。

coincheckのような取引所に保有するのも選択肢の一つですが、かつてのマウントゴックスの悲劇を思うにそれは正しい選択とは言えません。

取引所にビットコインを保有するリスクについては、マウントゴックス事件をググってみると良いでしょう。

簡単に言うと、取引所がハッキングなどの被害にあうことで、自身が保有するビットコインが引き出せなくなってしまうリスクがあります。

また、ギャンブルにおいて資金管理を適切に行うことは最も重要です。そのため、ウォレットの作成は長期的な勝利を収める為に最低限やっておかなければならないことです。

そこで、ビットコインを取引所に保有するより安全に保管するため、ウォレットを作成する方法をご紹介します。

 

ビットコインウォレットとは?

 

ビットコインウォレットとはビットコインを保管するための財布です。

基本的には取引所と同様で、他人のアドレスに送金したり、受け取ったりすることが出来ます。

銀行口座と同様なものと考えることができますが、保管方法ごとに様々なリスクが存在するため、それなりの知識を身に着けておく必要があります。

ビットコインを適切に管理する方法を身に着けることで、カジノでの資金管理を適切に行うことが可能です。

 

ビットコインウォレットの種類

 

ウォレットには以下の種類があります。

 

・ウェブウォレット

 

最も簡単に管理・作成・使用できるウォレットです。

取引所のウォレットに近い性質があり、セキュリティ面はサイト管理者にある程度委ねる必要がある為、信頼のおけるサイトを選ぶ必要があります。

セキュリティ面で不安が残る反面、カジノでの利益・損益を管理する口座には最適といえます。

 

blockchain.infoでウェブウォレットを作成しよう

 

・デスクトップウォレット

 

ビットコインウォレットをPCにインストールする形で使用するウォレットです。

セキュリティ面ではウェブウォレットより安全です。PCにインストールする為、ご自身のPCがハッキングを受けたり、故障してしまったりすると引き出せなくなる可能性はあります。

欠点としては、先に述べた故障リスク・ハッキングリスク、その他には初期設定などが大変なことがあげられます。

こちらもカジノの資金を管理する口座には向いています。

 

・モバイルウォレット

 

携帯電話のアプリでビットコインを補完する方式です。

利点は持ち運びが気軽にできることや、作成が簡単であること、QRコードの読み取りが可能であることがあげられます。

セキュリティ面ではデスクトップウォレットと同等といったところでしょうか。

カジノ口座に適していると言えます。

 

・ペーパーウォレット

 

ビットコインアドレスとシークレットキーを紙に印刷し、保管する方式です。

ハッキングリスクは低いですが、物理的に保管する形になり、媒体が紙であるため紛失の恐れが高まります。

安全ですが、手間がかかることから、カジノ口座には向かないでしょう。

 

・ハードウェアウォレット

 

専用端末にビットコインを保管する方式です。

セキュリティ面ではペーパーウォレットより安全であり、現時点で最も安全な保管方法といえるでしょう。

欠点としては、端末自体が高額であること、端末の故障リスクがあげられます。

長期保管に適していますが、カジノ口座には適しません。

 

ビットコインウォレット作成方法

 

ビットコインウォレットの作成方法は下記の記事を参照してください。

 

blockchain.infoでウェブウォレットを作成しよう